2006年01月13日

色温度について

人気blogランキングへ

皆様、こんにちは。

μ-girl(ミューガール)撮影会カメラマンのRyotaです。

本日は、色温度についてお話したいと思います。
ブログの中でも色温度とゆう単語がよく出てきましたよね?
いまいちよく分からない方の為に説明をします。

簡単にゆえば光の色の事です。
たとえばロウソクの色が赤いのは色温度が低いからです。
空はなぜ青いかとゆうと色温度が高いからです。

単位はケルビン(K)で、晴れた日の太陽光でしたら5000〜6000K、
朝とか夕方でしたら2500〜4000K、日影でしたら8000K〜、
ぐらいだとゆわれてます。

色温度が低いと赤く、高いと青いとゆう事ですね。
最近のデジタル一眼レフでしたら色温度を直接入力できます。

例えばその時々の色温度に合わせて入力してあげたら忠実に色が再現できます。
つまり白が白に写るとゆう事になります。

μ−girl撮影会のスタジオでは5900Kに合わせています。
色温度を直接入力できるカメラであれば5900Kに
合わせてあげたら忠実に色を再現できますよ。

人それぞれの好み等がありますので色に関しては5900Kを目安にして下さい。

外ロケでの色温度はその時々によって変化します。
デジタルの方でしたらモニターをチェック
使用しているカメラのモニターの特性を知る事が大切)
しながら色々と試してみるのはどうでしょうか?

忠実に色を再現するのではなく、あえて色温度をずらして、
赤く撮ったり青く撮ったりするイメージも面白いと思います☆


ayu_blog3.jpg
Photo / Ryota


人気blogランキングへ


posted by μ-girl撮影会スタッフ at 11:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラのお話:質問&ビギナー用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。