2006年03月01日

露出モードについて

人気blogランキングへ

皆さん、こんにちは。
μ−girl(ミューガール)撮影会のRyotaです。

μ−girl(ミューガール)撮影会での、僕の露出モード!!!

僕はいつもマニュアルです。
僕がμ−girl(ミューガール)撮影会で撮ってる写真は、
あらかじめモニターで露出をチェックして、
タイミングを見計らってからシャッターをきります。

撮影会なので数人での撮影になります。
待っている間の時間を利用して露出をマニュアルで決定しておくのです。
そうすると目線が合ったその時、
露出の失敗がなくシャッターをきる事ができるんですね☆

絞り優先モードやプログラムモードでもある程度は露出は合います。
しかし背景の露出や背景とモデルの割合、
そしてモデルの服の色などその時々に応じてカメラ任せでは、
多少自分の求めている露出とずれると思います。

JPEGで撮影されてる方にこそマニュアルでの露出モードをオススメします。
そうすればフレーミングを変えても露出が変化しないので、
好みの露出を確保できますよ☆

rie_blog8.jpg
Photo / Ryota


μ-girl達の応援宜しくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
posted by μ-girl撮影会スタッフ at 16:43| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | カメラのお話:質問&ビギナー用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

光の向きについて

人気blogランキングへ

皆さんこんにちは。
μ−girl(ミューガール)撮影会カメラマンのRyotaです。


本日は外ロケ時の、光の向きについてのお話を致します。


僕は基本的に順光(カメラから同じ方向に当たってる光)では撮りません。
なぜならモデルの顔に影が入るからです。

イメージ的な写真であればOKなのですが、
キレイに撮りたいのであれば半逆光(モデルの斜め後方からの光)もしくは、
逆光(モデルの後ろからの光)の方がオススメです。

太陽の光が直接モデルの顔に当たらず、影が入らないからです。

しかし半逆光や逆光で撮ればキレイに撮れるというわけではありません!
モデルと背景に極端なコントラストがついてしまうのです!

それを解決するのにレフ板を当てます。
そうする事によってモデルと背景のコントラストがゆるくなるのです。

あとはキャッチライトも入るのでモデルの目もイキイキして見えますよね!
向きによっては同じモデルでも様々なイメージで撮れます。

例えば、順光で影が入ってる時はカッコイイ系で、
半逆光や逆光でキレイに光が回ってる時はカワイイ系で撮ってみたり。

またその時々に応じて、表情を注文してもおもしろいかもしれませんね☆

asa_blog4.jpg
Photo / Ryota


μ-girl(ミューガール)達の応援宜しくお願いいたします!!
↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
posted by μ-girl撮影会スタッフ at 11:10| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | カメラのお話:質問&ビギナー用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ポーズの指示は分かりやすく!

人気blogランキングへ

皆さん、こんにちは!

μ−girl(ミューガール)撮影会カメラマンのRyotaです。

今日は心がけその2を話したいと思います。
その2は、「ポーズの指示は分かりやすく!」です。

今まで仕事をしてきた中で、「どんなカメラマンさんが理想的?」と、
色々な人(男女問わず)との会話の中で、なにげに聞いてきました。

その結果、なんと以外にも
「ポーズの指示が分かりやすいカメラマン」が多かったのです。

たしかにカメラマンの指示が分かりやすいとスムーズに撮影が進むと思います。
その指示を分かりやすくするために、ある程度僕もポージングの練習もしました。

(モデルに対してカメラマンが鏡の中の自分だと思ってもらう為に)

声だけでは分かりにくかったりもしますし、
その方がイメージ的に伝わりやすいのです。

指示が的確に出せるようになればμ−girl(ミューガール)撮影会でも、
自分の撮りたいイメージがスムーズに撮れるんじゃないでしょうか?

少し高等な話でしたがチャレンジしてみて下さい、
新たなテイストの写真が撮れるかもしれませんよ☆


μ-girl達の応援宜しくお願い致します♪
↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
posted by μ-girl撮影会スタッフ at 18:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | カメラのお話:質問&ビギナー用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

色温度について

人気blogランキングへ

皆様、こんにちは。

μ-girl(ミューガール)撮影会カメラマンのRyotaです。

本日は、色温度についてお話したいと思います。
ブログの中でも色温度とゆう単語がよく出てきましたよね?
いまいちよく分からない方の為に説明をします。

簡単にゆえば光の色の事です。
たとえばロウソクの色が赤いのは色温度が低いからです。
空はなぜ青いかとゆうと色温度が高いからです。

単位はケルビン(K)で、晴れた日の太陽光でしたら5000〜6000K、
朝とか夕方でしたら2500〜4000K、日影でしたら8000K〜、
ぐらいだとゆわれてます。

色温度が低いと赤く、高いと青いとゆう事ですね。
最近のデジタル一眼レフでしたら色温度を直接入力できます。

例えばその時々の色温度に合わせて入力してあげたら忠実に色が再現できます。
つまり白が白に写るとゆう事になります。

μ−girl撮影会のスタジオでは5900Kに合わせています。
色温度を直接入力できるカメラであれば5900Kに
合わせてあげたら忠実に色を再現できますよ。

人それぞれの好み等がありますので色に関しては5900Kを目安にして下さい。

外ロケでの色温度はその時々によって変化します。
デジタルの方でしたらモニターをチェック
使用しているカメラのモニターの特性を知る事が大切)
しながら色々と試してみるのはどうでしょうか?

忠実に色を再現するのではなく、あえて色温度をずらして、
赤く撮ったり青く撮ったりするイメージも面白いと思います☆


ayu_blog3.jpg
Photo / Ryota


人気blogランキングへ
posted by μ-girl撮影会スタッフ at 11:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラのお話:質問&ビギナー用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。